« 蘇我捨恥「異世界迷宮でハーレムを 7」 | トップページ | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 »

天酒之瓢「ナイツ&マジック 7」

ボキューズ大森海で迷子になろうとも、ロボット愛は変わらないエル君がいつものように暴走するお話。幻晶騎士なしで、『巨人族』の勇者を圧倒してしまうあたり、驚かずにはいられない。どうも『巨人族』の勇者って、魔獣から同族を守る存在みたいなんだけど、それって人間世界でいえば、幻晶騎士の仕事だよねえ。それを生身で上回る戦闘力なんて、もう幻晶騎士のポジション脅かしまくりでは。
それはさておき、人間世界ほどの技術がない世界で、どうやって幻晶騎士を作り出すのかってのが見どころだよなあと思いつつ読み進めたんだけど、解決方法はちょっと拍子抜けだったなあ。物語の設定上そうなるのかという点では納得はできるんだけど、ここはエルらしい奇想を発揮して驚かせて欲しかったというのが正直なところ。まあ、エルひとりでどうにかなっちゃっても、それはそれで底が浅いなあとかいっちゃいそうだけど。

|

« 蘇我捨恥「異世界迷宮でハーレムを 7」 | トップページ | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天酒之瓢「ナイツ&マジック 7」:

« 蘇我捨恥「異世界迷宮でハーレムを 7」 | トップページ | 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 »