« 2017年5月20日 釈迦ヶ岳(1,092m) | トップページ | 田尾典丈「七星のスバル 3」 »

ゆるゆり さん☆ハイ!

2015年10月期のアニメの感想。八本目は「ゆるゆり さん☆ハイ!」。
この作品については、作品の良し悪しよりも好き嫌いで語ることしかできないんじゃないだろうか。KONKONは見ているだけでうれしいくらい好きなんだけど、いってみれば何も起こらない日常系を極め付けみたいなもんなんだよね。ああいうのって受け付けられないひとにとっては、ただのつまらないアニメにしかならないんだろうなあという気がする。
あまり記憶が定かではないんだけど、タイトルからして三期目ってことだよね。これまでにも増して、あかりの存在感が薄い。まあ、それはお約束ってやつなので気にしないとして、二期目に引き続いて綾乃とトシノウキョウコとの関係が深まっているようでとても好ましい。京子が歳納京子なのは知っているけど、綾乃と絡むとトシノウキョウコと書かずにはいられない。あれって、本当は下の名前で呼びたいのに、照れくさくって呼べないからフルネームで呼んでるんだよね。可愛いなあ。向日葵と櫻子との間柄も地味に深まっているようで、こっちはこっちで微笑ましい。ちなつちゃんのは、ちょっと引くけど。

|

« 2017年5月20日 釈迦ヶ岳(1,092m) | トップページ | 田尾典丈「七星のスバル 3」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆるゆり さん☆ハイ!:

« 2017年5月20日 釈迦ヶ岳(1,092m) | トップページ | 田尾典丈「七星のスバル 3」 »