« 春日部タケル「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 12」 | トップページ | コメット・ルシファー »

ヘヴィーオブジェクト

2015年10月期のアニメの感想。三本目は「ヘヴィーオブジェクト」。
禁書目録のひとが原作か~、どんな話だろ、って興味津々だったのだが、始まってみれば巨大ロボットアニメのロボットが巨大兵器ヘヴィーオブジェクトに置き換わっただけのシロモノ。こんなので戦争のありかたが変わるとは思えないんだけどなあと思っていたら、一話でいきなり、通常の戦争に先祖返り。やっぱそうだよね~。巨大兵器同士の一騎打ちだけで戦争できるもんかい。
そんな感じで、うまいこと引き込まれで見続けたんだけど、ヒロイン格のお姫さまが存在感をなくすほどに、まわりの女性キャラが魅力的。特にフローレイティアさん。いや、狙ってやっているのはわかり切ってるんだけど、それでも魅力を感じざるを得ない。もちろん主人公たちの、オブジェクトを相手にした戦いっぷりも毎回の楽しみだった。毎度毎度の危機的な状況で、針の穴を通すような作戦を成功させていく主人公たちの格好よさは、最近にない出来だと思う。下ネタ好きなのは困ったところだけど。

|

« 春日部タケル「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 12」 | トップページ | コメット・ルシファー »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘヴィーオブジェクト:

« 春日部タケル「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 12」 | トップページ | コメット・ルシファー »