« 艦これ レベル99増殖中 | トップページ | Moto G5 Plus購入 »

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第一期

2015年10月期のアニメの感想。五本目は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」。
ガンダムは初代とGガンぐらいしかちゃんと見ていなかったが、これは何となく気になって見始めた。他のをちゃんと見ていないといっておいてなんだけど、こんな荒っぽいというか血腥いガンダムってあんまりないんじゃないの。主人公格の三日月が特にそうなんだけど、ひとを殺すことに対してほとんど忌避感をもっていない。そのまわりの連中も、三日月をほめそやすばかりだから、全員が全員、そういう人間なんだろう。こればかりは育った環境が悪いとばかり言っていられないような。ことによると阿頼耶識システムが強化人間と同じように、人格になんらかの影響があるのかもしれないにあと思ったり。最終話あたりのアインも最初の頃とはさま代わりしてたし。あー、でもマクギリスは阿頼耶識システム関係なしに、人格に問題があるなあ。目的のためには、幼馴染も平気で使い捨てにしてしまう。鉄華団が身内の結束が固いのにくらべると、身内から滅ぼさなければ気が済まないようにも見えて、慄然としてしまう。
第二期はもう放送終了したんだっけか。何か月か後に見始めるつもりだけど、鉄華団とマクギリスの行く先はどうなるのか、興味深い。

|

« 艦これ レベル99増殖中 | トップページ | Moto G5 Plus購入 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ第一期:

« 艦これ レベル99増殖中 | トップページ | Moto G5 Plus購入 »