« To LOVEる -とらぶる- ダークネス 2nd | トップページ | 艦これ 秋イベント2016 その9 おしまい »

渡辺恒彦「理想のヒモ生活 2」

アウラの妊娠がわかってから出産するまでの話。
主人公の血筋にまつわる出来事が明らかになって、何やら紛争の種になりそうなところもあるものの、表面的には平穏に話が進んでいく。ほぼ、引きこもり状態だった主人公が、身重のアウラの役目を少しだけ肩代わりしようと、表に出るようになるとか、まあ、そういった話だ。一巻もそうなんだけど、本人なりに苦労はしているんだろうが、読んでいる側から見ると、いいひとだねえ、というくらいのレベルで終わってしまいそうである。あらためて考えると、どうして退屈を感じずに読み進められたか不思議なくらい。次の巻もそんな感じなんだろうかと思いつつ、すっかり読み進める気でいるんだよね。どこがどうなのかよくわからないけど、妙な魅力があるシリーズだ。

|

« To LOVEる -とらぶる- ダークネス 2nd | トップページ | 艦これ 秋イベント2016 その9 おしまい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺恒彦「理想のヒモ生活 2」:

« To LOVEる -とらぶる- ダークネス 2nd | トップページ | 艦これ 秋イベント2016 その9 おしまい »