« 2016年11月12日 赤坂山(824m) | トップページ | C-HR »

一眼レフはやっぱりよい

昨日の山行ではひさしぶりにE-300を持ち出したのだが、思いの外、撮影が気持ちよくできてびっくりした。最近はもっぱらDMC-FZ1000を使っていたので、EVFにもすっかり慣れたと思っていたのだが、ひさしぶりに光学ファインダ使うとやっぱりいいなあと思う。情報量は少ないはずなのに、自然に見えるのがいいんだろうか。一眼レフとしては小さいE-300のファインダでもそうなんだから、フルサイズだとさぞかし使い心地がいいんだろうなあ、と思う一方、E-300で満足してるんだったら、APS-Cでも全然問題ないんじゃないか。とそこまで考えて、気が付いた。ここんとこ一眼レフの情報なんてちっとも追いかけてなかったから、どこがどんなの出しているかすらわからないや。X-T1も期待ほど値が下がらなかったし、APS-Cの一眼レフでも探してみるかな。

|

« 2016年11月12日 赤坂山(824m) | トップページ | C-HR »

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一眼レフはやっぱりよい:

« 2016年11月12日 赤坂山(824m) | トップページ | C-HR »