« 一眼レフはやっぱりよい | トップページ | 賀東招二「甘城ブリリアントパーク 8」 »

C-HR

C-HRの試乗記が出始めた(Car Watch)。いつも気になる最低地上高は記事の中にはなく、メーカーのサイトの諸元表で確認したところ、4WDモデルで155mmということだった。ちなみに、アクアのX-URBANは160mmで、どうせなんちゃってSUVだと割り切るなら、こっちのほうが好みというひとも多いかもしれない。C-HRはなんというか、ジュークコンプレックスみたいなのを感じて、痛々しいんだよね。ミニランクルみたいなののほうがトヨタらしいんじゃないかと思うんだけど、今どきそんなの売れないのかなあ。
パワートレインは、プリウス譲りのハイブリッドと、オーリス譲りの1.2リットルターボ。2WDモデルはハイブリッド、4WDモデルはターボという住み分けだ。2WDモデルは最低地上高が140mmまで下がってしまうので、これはもう、ダートには行きたくないなあと思ってしまう。というわけで、乗るならターボなんだけど、これ、ハイオク指定なんだよね。気にするひとは結構気にするんじゃないかなあ。ハイオク気にしない類のひとなら、ジュークの16GT FOURのほうにいっちゃうかも。あっちのほうが間違いなく速いし、最低地上高が170mmあるし。
こう思うと、今のクルマに買い替えるときに、真っ先に切り捨てたジュークが魅力的に思えてきて困る。あの頃は、SUVの最低地上高は200mmぐらいなきゃ、って思っていたけど、最近はそんなの全然出てこないし。山奥の道路状況なんて、昔より悪くなっているくらいなのにね。

|

« 一眼レフはやっぱりよい | トップページ | 賀東招二「甘城ブリリアントパーク 8」 »

オートバイとクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: C-HR:

« 一眼レフはやっぱりよい | トップページ | 賀東招二「甘城ブリリアントパーク 8」 »