« 日向夏「薬屋のひとりごと 1」 | トップページ | α7IIのキャッシュバックキャンペーン »

イチゴとニンニクの植え付け

少し遅くなってしまったけれど、イチゴとニンニクを植え付けた。
イチゴは畑の空いた場所、あちらこちらに親株を植えておいたので、まずはその孫株を採取する。ほとんど放ったらかしにしていたので、まずは草むしりから始めた。なんとかきれいになったものの、どれが子株でどれが孫株かがいまひとつわからない。親株の位置から遠ければ孫株かなあぐらいの感じで適当に採取。きっと、子株も交じってるんだろうなあと思いつつ、植え付け。
ニンニクは網袋に入れてカーポートの下に吊るしておいたのだが、すぐそばにアシナガバチが巣を作っていて、巣の表面にみっしりと留まっている。そんなに攻撃性はないという知識はあるものの、見ためが怖くて手を出せない。どうしようかなあと思っているところに、母が来てひょいひょいと取ってきたくれた。うーむ。恐るべし。今年はニンニクの出来が悪かったので、種となるニンニクも当然出来が悪い。小ぶりのものばかりなのに、しっかりと分球しているものだから、ひとつひとつが小さい。例年の三分の一ぐらいかなあ。こんなんでちゃんと芽が出るんだろうかと心配だったが、ダメもとて植えておいた。
他にはポットで育苗していた宮内菜とチンゲンサイも植え付けた。まだ毛虫やイモムシも見かけるので、アシナガバチにはぜひ働いてほしいものだ。

|

« 日向夏「薬屋のひとりごと 1」 | トップページ | α7IIのキャッシュバックキャンペーン »

農作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イチゴとニンニクの植え付け:

« 日向夏「薬屋のひとりごと 1」 | トップページ | α7IIのキャッシュバックキャンペーン »