« α7IIのキャッシュバックキャンペーン | トップページ | CrystalDiskMarkがストアで公開 »

橘公司「いつか世界を救うために クオリディア・コード 2」

表紙イラストの時点でネタバレしてるんだけど、主人公は女だったというお話。一巻では、任務と称して熱心にストーカ行為に興じる主人公、という変態じみたところが面白かったんだけど、二巻を読んじゃうと、な~んだ~、って感じになっちゃうよね。このネタを使う小説は多かれ少なかれ、そういうところはあるけれど、この作品の場合は特にそういったガッカリ感が強い。でも、そこがあまり気にならないんだったら、軽い百合モノとして十分楽しめるんじゃないかな。そっちの素養は薄いから、コアなひとから見てどうかは知らないけど。主人公側のカップルはもちろんそうだけど、敵役側のふたりもこの先どんな関係を作っていくんだろうかと思うと、そっちはそっちで面白そうな気がする。

|

« α7IIのキャッシュバックキャンペーン | トップページ | CrystalDiskMarkがストアで公開 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橘公司「いつか世界を救うために クオリディア・コード 2」:

« α7IIのキャッシュバックキャンペーン | トップページ | CrystalDiskMarkがストアで公開 »