« 和ケ原聡司「はたらく魔王さま! 12」 | トップページ | キュウリとトマトを始末 »

デュラララ!!×2 転

2015年7月期のアニメの感想。二本目は「デュラララ!!×2 転」。
なんとなくだらだらと見ているが、キャラに馴染みがあるせいで、他ごとやりながらでもまったく気にならない。原作も読んでるしなあ。ただ、記憶にあるエピソードがやってるなあと思うくらいで、前後関係は結構あいまい。だから、今回はどのあたりで門田がやられるんだっけ、みたいなレベルで緊張感はあった。「転」は赤林の出番が多かったっていう印象があるなあ。四木さんも多かったか。どっちも格好よく描かれているから、うっかりとそっちの稼業にあこがれちゃいそうになっていけない。KONKONなんて下っ端もいいとこってレベルにしかなれないんだろうけどね。
本来、根幹となるストーリであるはずの帝人が画策するダラーズ再生の話にはあまり興味が持てなかった。おろおろしちゃってるセルティがかわいい、なんてのはおいといて。

|

« 和ケ原聡司「はたらく魔王さま! 12」 | トップページ | キュウリとトマトを始末 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デュラララ!!×2 転:

« 和ケ原聡司「はたらく魔王さま! 12」 | トップページ | キュウリとトマトを始末 »