« 2016年8月の購入予定物件《文庫版》 | トップページ | 昨日はひどかった »

城下町のダンデライオン

2015年7月期のアニメの感想。二本目は「城下町のダンデライオン」。
まったく予備知識なしで見始めた。大ネタとしては国王を選ぶ選挙ってのがあって、国王の子供たちである櫻田家の兄弟が国王の座を争うっていう話なんだけど、まったくといっていいほど、争いらしい争いもなく、平穏にお話は進んでいく。国王選挙そのものよりも、それを前にして、あーでもないこーでもないと悩んだり悩まなかったりする、櫻田家の面々を愛でるのが作品の主題だろう。実際、登場人物はみんなかわいいし、特に主人公格になる茜さまのへっぽこかわいさは最強だったといえよう。いかにも、「まんがタイムきらら」系の作りで、われながらこういうのにこんなに弱くて大丈夫なんだろうかと、心配になった。

|

« 2016年8月の購入予定物件《文庫版》 | トップページ | 昨日はひどかった »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城下町のダンデライオン:

« 2016年8月の購入予定物件《文庫版》 | トップページ | 昨日はひどかった »