« 2016年8月6日 木曽駒ヶ岳(2,956m) | トップページ | 艦これ 夏イベントは12日から »

犬塚惇平「異世界食堂 2」

1巻にくらべると慣れちゃった分、おもしろく感じなくなってきたなあというのが正直なところ。ウェイトレスに魔族の娘を雇ったことで新味を出そうとしているんだろうなあと感じるものの、お客さんの自分語りっぽいお話、プラス、料理の描写っていう基本は崩していないので、ウェイトレスが増えたくらいではあまり印象に残らないのだ。しかし、これはこれでいいんじゃないかと思う。相変わらず料理はおいしそうだし、それにからめて語られるさまざまな異世界のお客さんのエピソードも楽しい。一話の長さが短くて、次々に読み進めたくなってしまうっていうのも、変わらない。この一話の長さがちょうどいいってのが、印象がよくなるポイントかなあという気もする。なろう系としては地の文が多いから、こういうところでリーダビリティのよさを引き出してるんじゃないのかな。

|

« 2016年8月6日 木曽駒ヶ岳(2,956m) | トップページ | 艦これ 夏イベントは12日から »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬塚惇平「異世界食堂 2」:

« 2016年8月6日 木曽駒ヶ岳(2,956m) | トップページ | 艦これ 夏イベントは12日から »