« 艦これ 大型艦建造月間もおしまい | トップページ | トマトが採れ始めた »

山田くんと7人の魔女

2015年4月期のアニメの感想。十七本目は「山田くんと7人の魔女」。
存在は知っていたけど、床屋さんでも読まずに飛ばしていたまんがが原作。アニメになったんなら見てみようぐらいのつもりで見始めた。冒頭で階段から落ちて入れ替わりなんていう、ちょっと大丈夫かと思うようなベタな展開を見せられちゃって、どうしたもんだろうね、これ。って感じだったんだけど、話が進むにつれて、だんだん面白くなってきた。そうなってくると不思議なもので、垢抜けない絵柄だなあと思っていたキャラクタデザインもよく思えてくる。
アニメはちょうどきりのいいところで終わっているけど、これ、原作はまだつづいてるんだよね。この後どうやって続くのかなあ。気になるところだけど、原作買うよりアニメ化を待ったほうがいいか。キャラデザもアニメ絵に慣れちゃったし。

|

« 艦これ 大型艦建造月間もおしまい | トップページ | トマトが採れ始めた »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山田くんと7人の魔女:

« 艦これ 大型艦建造月間もおしまい | トップページ | トマトが採れ始めた »