« ネギを植え付けた | トップページ | 水玉螢之丞「SFまで10000光年」 »

むらさきゆきや「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術4」

前巻に続いて、この巻もピンチ。世界の命運とか放っておいて、主人公たちの危うさでいったら今回のほうが危なかった。魔王ディアヴロに対して、ただの人間がここまでやるとは。って感じで、人間にも戦闘力が高いのがいるってのが初めて分かる話だけど、この調子で、敵の強さがインフレしていったらどうなるんだろう。というのの対策は次の巻でみせてくれるはず。それはともかくとして、あれだけのピンチに陥りながらも魔王ロールプレイをやめることができないという、主人公の業の深さに戦慄した。ここまでくると、へたれなのか精神力が強いのかよくわからんくなってくるなあ。物語のどこかでは地を出してしまうという流れにはなるんだろうけど、まだ、先は長そうだ。
おっと、忘れていた。この巻のメインは表紙の少女のお話。このまま合流するんだろうけど、なんかすごいパーティーになってきたなあ。話の転がりようによっては、世界制覇もいけそうだ。

|

« ネギを植え付けた | トップページ | 水玉螢之丞「SFまで10000光年」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: むらさきゆきや「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術4」:

« ネギを植え付けた | トップページ | 水玉螢之丞「SFまで10000光年」 »