« 大森藤ノ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10」 | トップページ | タマネギを収穫 »

シドニアの騎士 第九惑星戦役

2015年4月期のアニメの感想。十五本目は「シドニアの騎士 第九惑星戦役」。
何か説明不足だなあと思いつつ見続けていたら、だんだん面白くなってきた。説明不足に感じたのは、これが第二期だからなんだろうか。第一期は見ていなかったから、ほとんどすべての登場人物の行動原理もわからなかったし、シドニアって何、っていうレベルでしかなかったけれど、それでも面白く感じられたのは世界観の勝利といかいいようがない。少しマクロスを思わせるところがあるけれど、あれよりずっとSF寄り。っていってもマクロスちゃんと見たの「マクロス7」だけっていう少数派なんで、ツッコミはご勘弁。ともかく、人間の変容と、それでもずいぶん人間らしさを残しているところあたりのごちゃ混ぜ具合が、なんともクル。原作読んだこともないのに、きっと、原作のほうが面白いんだろうなあと思わせてしまうってのは、アニメとして成功といえるのか、とか思ってしまった。

|

« 大森藤ノ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10」 | トップページ | タマネギを収穫 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シドニアの騎士 第九惑星戦役:

« 大森藤ノ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10」 | トップページ | タマネギを収穫 »