« 枯野瑛「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #04」 | トップページ | 放課後のプレアデス »

海空りく「アルティメット・アンチヒーロー4 究極の個」

はっきりいってお約束展開なんだけど、それとわかっていても盛り上がった。強すぎる主人公が不在のまま始まる決戦で、残された少女たちが、絶望的な力量差の敵に挑む、っていう展開。始まったころにくらべるとみんな強くなったなあというのが実感としてわかるってのは、キャラクターの成長を描く物語として成功してるってことなんだろう。その強さが単純な力量だけでなく、強さを求める理由とそれに対する思い入れの深さに裏付けられているからこそ、強大な敵にも立ち向かえる、みたいなことがストーリにうまくのっかって表現されていたのも、おもしろく感じられた理由なんだろうと思う。主人公も含めて、個々のキャラクターの掘り下げが足らないってのはあるけれど、これは全四巻だから仕方がないか。

|

« 枯野瑛「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #04」 | トップページ | 放課後のプレアデス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海空りく「アルティメット・アンチヒーロー4 究極の個」:

« 枯野瑛「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #04」 | トップページ | 放課後のプレアデス »