« 艦これ 春イベント2016「開設! 基地航空隊」三次報告 | トップページ | 白鳥士郎「のうりん 12」 »

マサト真希「廃線上のアリス」

タイトルを目にしたときに浮かんだ情景が魅力的だったので買ってみた。マサト真希は「よめせんっ!」以来かなあと思って調べたら、「アウトランド・ヴァンガード〜俺、辺境警備に着任しました」を読んでいた。うん、あれはなかったことになっているらい。
で、この「廃線上のアリス」、思っていたのとは少しシチュエーションが違ったけれど、冒頭に廃線を歩くヒロインアリスの描写がやっぱりよい。ここで引き込まれてしまったら、あとは惰性で読んじゃっても大丈夫。っていうのはたぶん少数意見なんだろうなあ。一般的には、その出会いの後のラブストーリを評価するはずだし。まあ、いいや。読み方はひとそれぞれってことで。この巻で終わりかと思ったら、続きがあるらしくて、そっちはまた別の廃線の話。せっかくなんで、実在の廃線で話を作ってくれるといいのに。四国の話なのに、小海線なんていわれたら、混乱しちゃうよ。

|

« 艦これ 春イベント2016「開設! 基地航空隊」三次報告 | トップページ | 白鳥士郎「のうりん 12」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マサト真希「廃線上のアリス」:

« 艦これ 春イベント2016「開設! 基地航空隊」三次報告 | トップページ | 白鳥士郎「のうりん 12」 »