« 伏見つかさ「エロマンガ先生(6) 山田エルフちゃんと結婚すべき十の理由」 | トップページ | イチゴの跡にサツマイモ »

パンチライン

2015年4月期のアニメの感想。十三本目は「パンチライン」。
タイトルからしてくだらなそうだが、中身はいたって普通。ちゃんと地球を救おうと戦ったりもしている。ただ、この主人公が超人的な力を発揮するきっかけになるのが、女性の下着を目にすること。本当ならシリアスな話になるはずなのに、これのせいで、全体の印象をバカっぽくなってしまっている。「パンチライン」っていうタイトルと、下着描写の多さで引いちゃったひとも多いんじゃないかなあ。それがもったいないかといえば、微妙な出来なんだけど。あ、でも、第六話、録画し損なってるんだよね。あそこがどうも物語の転機になっていたみたいだから、見てたらもう少し評価していたかもしれない。あと、どうでもいいけど、主人公に地球を救わせようとするネコの幽霊がかなり鬱陶しかった。なんで、ああ上から目線なんですかねえ。

|

« 伏見つかさ「エロマンガ先生(6) 山田エルフちゃんと結婚すべき十の理由」 | トップページ | イチゴの跡にサツマイモ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンチライン:

« 伏見つかさ「エロマンガ先生(6) 山田エルフちゃんと結婚すべき十の理由」 | トップページ | イチゴの跡にサツマイモ »