« 艦これ 大型艦建造月間おしまい | トップページ | 艦これ ボスに行けない1-3 »

つちせ八十八「ざるそば(かわいい)」

ざるそばの擬人化だとばかり思って読み始めたら、人間のざるそば化だったので、びっくりした。その上、終盤に明かされるざるそば化の理由があんまりだった。この作品はいろいろ謎が多いけれど、なんといっても一番の謎は、こんな境遇で育ったざるそばが、なんでこんなにいい娘なんだというところ。しかし、こんなバカな設定で、よく丸々一冊書き切ったもんだ。設定のバカさ加減に目を眩まされているせいか、意外なほど展開には無理やり感はなく、それになりよりざるそば(かわいい)ので、読んでいて楽しい。バカ話に抵抗がなく、突拍子もない設定を呑みこめるだけの度量があるラノベ読みなら、読んで損はない。というか、この小説を楽しめる素地が出来ていて、本当によかった。

|

« 艦これ 大型艦建造月間おしまい | トップページ | 艦これ ボスに行けない1-3 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つちせ八十八「ざるそば(かわいい)」:

« 艦これ 大型艦建造月間おしまい | トップページ | 艦これ ボスに行けない1-3 »