« 田尾典丈「中古でも恋がしたい! 4」 | トップページ | 艦これ Android版先行登録当選 »

平坂読「妹さえいればいい。 4」

主人公のラノベをコミック化することになり、その選考の結果選ばれた相手は、作品への愛に満ちて、画力も構成力も高いという理想的な人物かと思えた。しかし、ただ一点主人公にとって譲れない点で意見が対立してしまう。それは、全裸シーンなのに下着を描きたがるというフェティッシュな情熱を燃やすマンガ家と、全裸志向主義の主人公との、この作品らしい神学論争的な何かだった。あー、メディアミックスについてまともに語ってるなあと思ってたら、これですか~。まあ、そういう話だとわかっちゃあいたんですけどね。とか思わせておいて、そこから那由多の内助の功炸裂、ってのはいい流れだと思った。こいつらとっととくっ付いちゃえよ。

|

« 田尾典丈「中古でも恋がしたい! 4」 | トップページ | 艦これ Android版先行登録当選 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平坂読「妹さえいればいい。 4」:

« 田尾典丈「中古でも恋がしたい! 4」 | トップページ | 艦これ Android版先行登録当選 »