« 長門有希ちゃんの消失 | トップページ | 八薙玉造「獅子は働かず 聖女は赤く 5 かくして、あいつは働いた」 »

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

2015年4月期のアニメの感想。四本目は「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」。
原作が本編と外伝とで時間的にすこしずれた話をやっていて、外伝を読んでいても、それが本編のどのあたりというのをうまく結び付けられないことがあったので、このアニメはいい復習になった。ロキファミリアの遠征なんて、もっと先の話のように思えてたけど、こんなに早くやってたのか~もとか。原作だと何巻も重ねて話を作っているのであまりどうとも思わなかったが、こうしてアニメ13話で見ると、ベルの成長の速さはちょっとどころじゃない異常さだよなあ。ガネーシャファミリアの怪物祭りなんてまだ2話なんだもんなあ。ガネーシャといえば、原作だとなんとなく偉丈夫のイメージがあったけど、意外と優男だったのでびっくりした。あれで「俺がガネーシャだ!」ってやられても、迫力に欠ける。

|

« 長門有希ちゃんの消失 | トップページ | 八薙玉造「獅子は働かず 聖女は赤く 5 かくして、あいつは働いた」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか:

« 長門有希ちゃんの消失 | トップページ | 八薙玉造「獅子は働かず 聖女は赤く 5 かくして、あいつは働いた」 »