« Kensington SlimBlade Trackball 72327JP | トップページ | 黒子のバスケ 第3期 »

田尾典丈「七星のスバル 2」

咲月回。主人公を巡る旭姫のライバル的な存在という設定は一巻で明らかにされていたけれど、この巻ではそれをもう少し掘り下げて描いている。彼女たちの関係と写し絵のようになっているのが、旭姫と貴法と主人公ということになるのだが、咲月が旭姫と主人公との関係に対する苦悩を乗り越える勢いに、貴法も巻き込んで共闘に引きずり込んでいくという流れが、実に王道展開で燃えさせてくれた。咲月かっこいい。こういうキャラは好きなんだけど、やっぱり報われないのかなあ。報われなさそうだから、さらに好きになるってのはあるんだけどね。

|

« Kensington SlimBlade Trackball 72327JP | トップページ | 黒子のバスケ 第3期 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田尾典丈「七星のスバル 2」:

« Kensington SlimBlade Trackball 72327JP | トップページ | 黒子のバスケ 第3期 »