« 聖剣使いの禁呪詠唱 | トップページ | 艦これ 秋イベント2015「突入! 海上輸送作戦」四次報告 »

阿智太郎「ダスティー☆ヴァンパイアガール 3」

主人公が赤ん坊にされてしまう話と、吸血鬼裁判の話。どちらも、この作者らしいバカらしさといい感じの脱力感が味わえる。吸血鬼裁判の話のほうでは、登場以来ずっと影が薄かった生徒会長が、登場。吸血鬼裁判に掛けられた主人公を救い出したり、自らも吸血鬼裁判に掛けられたりと見せ場を作ってくれている。このまま、レギュラーにしちゃえばいいのにとも思うが、どうもそういうわけでもなさそうだ。正直、カミラたちよりも生徒会長のほうが好きなんだけどなあ。というのを抜きにしても、もう少し、人間側の登場人物がいてもいいんじゃないかな、って思う。

|

« 聖剣使いの禁呪詠唱 | トップページ | 艦これ 秋イベント2015「突入! 海上輸送作戦」四次報告 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿智太郎「ダスティー☆ヴァンパイアガール 3」:

« 聖剣使いの禁呪詠唱 | トップページ | 艦これ 秋イベント2015「突入! 海上輸送作戦」四次報告 »