« 純潔のマリア | トップページ | 左京潤「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 10」 »

和ケ原聡司「はたらく魔王さま! 11」

エンテイスラから帰ってきて、日常に復帰するお話。真奥との関係の変化を受け入れていこうという恵美と、どうしてこうなったみたいな感じで後ずさりする真奥との対比がおもしろい。このシリーズでは真奥の格好いいシーンが多かったが、この巻ではこれまでになく情けない真奥の姿が見られる。そんな真奥に対して、叱っているかのような芦屋の態度も新鮮。こいつって、上下関係を抜きにして、腹が立ったら怒るキャラだったんだなあと、いまさらながら認識した。小説の中身と本来は関係ないことなんだけど、マクドナルドの不祥事や不振が話題になっていせいで、作中のマグロナルドがすっかり異世界のように思えてきてしまった。日常編に戻ったというのに、こんなところで異世界感覚を味わうことになろうとは。

|

« 純潔のマリア | トップページ | 左京潤「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 10」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和ケ原聡司「はたらく魔王さま! 11」:

« 純潔のマリア | トップページ | 左京潤「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 10」 »