« 佐島勤「魔法科高校の劣等生 18 師族会議編 中」 | トップページ | 2015年12月の購入予定物件 »

春日部タケル「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 9」

恋愛感情を取り戻した主人公が、ヒロインたちの気持ちに気が付いてビビリまくる話。超鈍感主人公ってのはよくあるキャラだけど、それが人並みの感性に変わってしまうというのは他にはない趣向でおもしろいと思ったのだが、それがいまひとつ生きていないように思える。一応最後ではうまくまとめているけれど、そこに至るまでの主人公の葛藤が描ききれていない。というか、最初に書いたとおり、ビビってるだけなんだよね。恋愛感情のあるなしと、誠実かどうかってのはまったく別だと思うんだけどなあ。そりゃあ、いきなりもてていることに気が付いた経験なんてないから、なんとでもいえるんだけどさ。

|

« 佐島勤「魔法科高校の劣等生 18 師族会議編 中」 | トップページ | 2015年12月の購入予定物件 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春日部タケル「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 9」:

« 佐島勤「魔法科高校の劣等生 18 師族会議編 中」 | トップページ | 2015年12月の購入予定物件 »