« 夜ノヤッターマン | トップページ | うわみくるま「運命に愛されてごめんなさい。 3」 »

平坂読「妹さえいればいい。 2」

「僕は友達が少ない」の最終巻があんなんだったので、もう読むのやめようかなあと思っていたことをすっかり忘れて買ってしまっていた。あるものは読まずにはいられないから、読んだんだけど、まあ、こんなもんかなあという印象。ライトノベル作家ネタっていうことでは「エロマンガ先生」のほうがおもしろいし、ただだべっているだけなら他にもいろいろ読むものはある。TRPGモノはあまり読んでないからよくわからないものの、「TRPGしたいだけなのにっ! 異端審問ハ ソレヲ許サズ」のほうがそれっぽい雰囲気だったように思う。本シリーズの特徴となるのは、タイトルになっているように、主人公が極度の妹フェチっていうところなんだけど、今のところはあまり設定として生きている気がしない。この先、おもしろくなるのかなあ。この作者の場合は、登場人物が豹変することが多々あって、それがいいほうにも悪いほうにも振れちゃうので、先が読めないんだよなあ。

|

« 夜ノヤッターマン | トップページ | うわみくるま「運命に愛されてごめんなさい。 3」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平坂読「妹さえいればいい。 2」:

« 夜ノヤッターマン | トップページ | うわみくるま「運命に愛されてごめんなさい。 3」 »