« 丈月城「クロニクル・レギオン 3 皇国の志士たち」 | トップページ | 逢空万太「出番ですよ!カグヤさま」 »

川原礫「アクセル・ワールド 19 暗黒星雲の引力」

帝城内でグラファイト・エッジから《ブレイン・バースト》の秘密の一端を明かされるというのが前半のポイントなんだけど、ふーん、そうか~、ぐらいであまり興奮は出来なかった。この情報をもとにあーでもないこーでもないと考えを巡らすのが正しい読者なんだろうけど、どうもそこまでのめり込んでいないようだ。
後半は、オシラトリ・ユニヴァースとの決戦に向けて、バーストリンカーがネガ・ネビュラスに集結してくる話。プロミネンスとは共闘することになるだろうとは思っていたけれど、領土戦のルールをクリアするために合併までしてしまうとは思わなかった。それよりも予想外だったのが、マゼンタ・シザーの合流までの流れ。ここでショコラ・パペッターの見せ場を作ってきたか~。どちらも、この先あまり出番がないキャラだと思っていたけど、この分だとまだまだ見せ場がありそう。

|

« 丈月城「クロニクル・レギオン 3 皇国の志士たち」 | トップページ | 逢空万太「出番ですよ!カグヤさま」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川原礫「アクセル・ワールド 19 暗黒星雲の引力」:

« 丈月城「クロニクル・レギオン 3 皇国の志士たち」 | トップページ | 逢空万太「出番ですよ!カグヤさま」 »