« 椎田十三「いでおろーぐ! 3」 | トップページ | 春日部タケル「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 9」 »

佐島勤「魔法科高校の劣等生 18 師族会議編 中」

師族会議なんて上巻で終わっているのにと思いたくなるサブタイトルである。ともあれ、この巻からは師族会議を狙ったテロの後始末の話となる。テロリストの目的は、反魔法師の機運を高めて、四葉に復讐するというものだから、いやらしいといえばいやらしいが、どちちらかといえばセコいというイメージを受けてしまう。わりとえげつない手を使う相手だから、バカにするわけにもいかないんだろうけどね。そんな感じなので、USNAの暗躍がなければ、戦いもあまり盛り上がらずに終わっていたんじゃないかと思える。そのUSNAにしたって、セコいとしかいいようがない動機で行動しているんだけど。となると、やっぱり反魔法師運動のほうが話としては盛り上がりやすいか。過激派というか原理主義者みたいなのがいて、それを持ち上げるマスコミみたいな構図はどこかで見たようなものなだけに、よけいに腹立だしい。魔法でやっつけて終わりというわけにはいかないから、どんなふうに成敗してくれるかってとこだな。下巻に期待しよう。

|

« 椎田十三「いでおろーぐ! 3」 | トップページ | 春日部タケル「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 9」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐島勤「魔法科高校の劣等生 18 師族会議編 中」:

« 椎田十三「いでおろーぐ! 3」 | トップページ | 春日部タケル「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 9」 »