« 田中ロミオ「犬と魔法のファンタジー」 | トップページ | ニンニクを植え付けた »

椎田十三「いでおろーぐ! 2」

あんなことがあったせいか、領家がすっかり恋愛脳になってしまっている。前の巻ではリア充に対して観念的なところが見られたが、この巻では恋愛的な妄想をだだもれさせた上、そういうのはけしからん、という流れになっている。これまでの成り行き思えば痛々しさを感じるところなのだが、主人公はそういうところには無頓着でただ反恋愛的な言辞として受け取るのみ。女児が主人公につきまとっていることから考えても、実は主人公のそういうところが物語のキーポイントになってくるのかもしれない。ところで、女児はいつまでたっても女児呼ばわりなのだが、このまま名前も付けずに進めるのかねえ。このままでは、他の幼女キャラが出てきたときに困るじゃないか。

|

« 田中ロミオ「犬と魔法のファンタジー」 | トップページ | ニンニクを植え付けた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 椎田十三「いでおろーぐ! 2」:

« 田中ロミオ「犬と魔法のファンタジー」 | トップページ | ニンニクを植え付けた »