« Blu-RayレコーダがHDDを認識しない | トップページ | 2015年10月の購入予定物件 »

海空りく「アルティメット・アンチヒーロー 2 妖精女王と百万の敵」

前巻に続いて主人公最強描写が冴える。荒唐無稽とかご都合主義とかいわれそうだけど、こういうのは、そういうもんだと思って楽しめば勝ち。まあ、なんでここまで主人公が自己犠牲的なんだとか、人類生存圏のお偉方やなんとかいう宗教のひとがなんでこんな低劣な手合いばかりなのかとか、疑問に思うところはある。前者はおいおい解き明かされていくかもしれないけど、後者はそういうフォーマットなんだろうなあと思うしかないのかなあ。このへんの敵役がもう少し人類のためにがんばってくれたりしないと、主人公が悪役をやっている意味がなくなっちゃうんだけどな。

|

« Blu-RayレコーダがHDDを認識しない | トップページ | 2015年10月の購入予定物件 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海空りく「アルティメット・アンチヒーロー 2 妖精女王と百万の敵」:

« Blu-RayレコーダがHDDを認識しない | トップページ | 2015年10月の購入予定物件 »