« うわみくるま「運命に愛されてごめんなさい。 1」 | トップページ | あわむら赤光「聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 6」 »

中二病でも恋がしたい! 戀

2014年1月期のアニメの感想。九本目は「中二病でも恋がしたい! 戀」。
前作がわりときれいに終わっていたので、どんな続編が出来るかと思っていたら、「その後の日常」的なお話だった。これはこれでおもしろかったからいいんだけど、前作ほど六花がかわいく見えなくなっている。しっかり勇太の彼女として納まってしまったから、ってことなんだろうなあ。代わりに勇太の中二病の師匠である少女、七宮が引っ越してきて、あきらめていた勇太への想いを再燃させてしまうというのが、おおきなエピソードとして描かれている。最初から自爆確定のお話ではあるけれど、それでもこういう報われない女の子ってのは何か贔屓したくなっちゃうよなあ。
前作からのキャラでは丹生谷がいい感じで壊れてきている。中二病的資質もだだもれになってきて、周囲にも気付かれつつあるが、端で見ている分には生き生きしていてよい。凸守とはあいかわらず喧嘩ばかりしているが、おまえら本当は好きあってるんだろうといいたくなるような楽しげな関係になっている。

|

« うわみくるま「運命に愛されてごめんなさい。 1」 | トップページ | あわむら赤光「聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 6」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中二病でも恋がしたい! 戀:

« うわみくるま「運命に愛されてごめんなさい。 1」 | トップページ | あわむら赤光「聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 6」 »