« 2014年3月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 西表洋「異世界ラ皇の探求者 02 女騎士さんはシコシコです!」 »

大森藤ノ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7」

担当編集から「劇場版みたい」といわれたという話があとがきに出ていたが、いいえて妙だと思った。まさに、そういう感じ。シリーズ全体からは少し外れたようなストーリでコンパクトにまとまっている。表紙の狐耳少女もこの巻きりのヒロインっぽいし、敵役のイシュタルファミリアもこの巻でしか出てこない。もしかすると、これまでも出てきたかもしれないが、記憶には残っていない。和装自体もあまり見ないし、舞台となる娼館もなじみがない。いろいん意味で少し外れた話しになっている。主人公が過度におひとよしなところは一貫していて、この巻でもそれが物語を動かしている。こんなに見るもの見るもの救おうとしていたら、いろんなところと衝突しまくらないといけないじゃんと思うのだが、実はそのあたりが英雄のあり方なのかもしれないな。

|

« 2014年3月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 西表洋「異世界ラ皇の探求者 02 女騎士さんはシコシコです!」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大森藤ノ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7」:

« 2014年3月のお買い物勝ち負け表 | トップページ | 西表洋「異世界ラ皇の探求者 02 女騎士さんはシコシコです!」 »