« 沼ノ原湿原のミズバショウとリュウキンカ | トップページ | 川口士「魔弾の王と戦姫 11」 »

小布施で観光

昨日は斑尾高原に宿をとって今日は帰るだけだったんだけど、せっかくだから小布施で観光をしてきた。まずは市街地から少し離れた岩松院に行って北斎の手になる「八方睨み鳳凰図」を鑑賞。ここには以前一度訪れたことがあるのだが、そのときよりも少し観光化しているように思う。あのときはたまたまお祭りの最中で、観光地というよりも村のお寺的な側面を強く感じただけかもしれないが。
201504aその後、町営の有料駐車場にクルマを停めて、小布施市街を散策。北斎館を見学してから、アイス栗あんモッフルを食す。北斎と小布施のつながりは知っていたけれど、八十歳を過ぎてから何度も江戸から往来していたというのにびっくりした。健脚にも程がある。あれだけの画業を成すには体力も常人離れしていなければならないということか。ところで、富嶽三十六景の北斎が、妙高山を望む小布施にあって、あれだけ存在感のある妙高山の絵を遺していないのは不思議な気がする。知らないだけで、実はそういう絵があるんだろうか。

|

« 沼ノ原湿原のミズバショウとリュウキンカ | トップページ | 川口士「魔弾の王と戦姫 11」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小布施で観光:

« 沼ノ原湿原のミズバショウとリュウキンカ | トップページ | 川口士「魔弾の王と戦姫 11」 »