« 時雨沢恵一「ソードアート・オンラインオルタナティブガンゲイル・オンライン 2 セカンド・スクワッド・ジャム 上」 | トップページ | ディーふらぐ! »

ノブナガン

2014年1月期のアニメの感想。一本目は「ノブナガン」。
予備知識がまったくない状態で見始めたのだが、思いのほか面白かった。E遺伝子という、偉人の象徴的な能力を受け継ぐ因子を持った主人公たちが、進化侵略体から地球を守るお話。E遺伝子と、そのホルダーたちを組織して戦うDOGOOの設定が少々奇抜といえるがそれ以外は、しごくまっとうなバトルアクション。あまりまっとうすぎて、何か裏があるのではないかと疑っていたが、最後までまともに地球を防衛してしまった。変化球とか超展開にうんざりしている向きには、一服の清涼剤になるであろう出来上がりだ。主人公のしおをはじめとした個性的なE遺伝子ホルダーたちもいい。E遺伝子の影響で平常時と戦闘時では性格が変わるということになっているのだが、平常時でも変人に片足突っ込んでいるような人間ばかり。魅力的とまではいわないが、見ていて楽しいのはたしか。

|

« 時雨沢恵一「ソードアート・オンラインオルタナティブガンゲイル・オンライン 2 セカンド・スクワッド・ジャム 上」 | トップページ | ディーふらぐ! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノブナガン:

« 時雨沢恵一「ソードアート・オンラインオルタナティブガンゲイル・オンライン 2 セカンド・スクワッド・ジャム 上」 | トップページ | ディーふらぐ! »