« 春日部タケル「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 8」 | トップページ | 伏見つかさ「エロマンガ先生 4 エロマンガ先生VSエロマンガ先生G」 »

宇野朴人「天鏡のアルデラミン ねじ巻き精霊戦記 7」

イグゼムじゃないヤトリってやっぱ無理だったってことか。確かに、そういうヤトリってあんまり想像できないもんなあ。この巻はイクタとヤトリの出会った頃からの回想が延々と続いて、これまでいまひとつわからなかったふたりの信頼関係や親密さの出所が見えてきて、いよいよヤトリもヒロインらしくなるのかなあとばかり思っていたら、こうきたか。これはちょっとたまらんなあ。ひさしぶりに物語の登場人物について考え込んでしまったよ。しかも、ラストがアレだもんなあ。第一部完とはいえ、第二部がどっちの方向に行くのか想像がつかない。ここまで作り上げてきた物語世界が一気に覆りそうな気がして怖い。そもそも、イクタってもと怠け者じゃなかったっけ。働きすぎるとろくなことがないっていう話なのかもしれないなあ。第二部ではちゃんと怠けてくれることを望む。

|

« 春日部タケル「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 8」 | トップページ | 伏見つかさ「エロマンガ先生 4 エロマンガ先生VSエロマンガ先生G」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇野朴人「天鏡のアルデラミン ねじ巻き精霊戦記 7」:

« 春日部タケル「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 8」 | トップページ | 伏見つかさ「エロマンガ先生 4 エロマンガ先生VSエロマンガ先生G」 »