« ウイッチクラフトワークス | トップページ | 先週の艦これ »

2015年3月28日 本宮山(789m)

本宮山も以前から一度登っておきたいと思っていた山である。先週、猿投山に行ったので、その流れでこっちも登っておこうという気になった。猿投山に猿投神社があるように、本宮山には砥鹿神社が奉られている。調べてみて初めて知ったのだが、砥鹿神社は三河國一之宮であるらしい。この近辺に三河一宮という駅があることは知っていたが、今日になるまでそのお宮がどこだということなんて気にしたこともなかった。おそらく砥鹿神社はもともと本宮山そのものをご神体としいたはずで、そういった古い信仰が国津神として大和朝廷の勢力下に組み入れられていったものなのだろう。
それはともかく、本宮山である。今日登った登山道は、本宮山山頂近くにある砥鹿神社の奥宮への参道である。麓の登り口には鳥居があり、よく整備された登山道が奥宮まで続いている。ちょっとした岩場もあるにはあるが、危ないうものではなく、極めて安全な登山道といえる。登っているひとも登山客然としたひとは半分もいない。参拝目的というひともそんなにはいなさそう。地元の人がちょっとした運動がてら登ってみよう、っといった風体のひとが多い。お年寄りもたくさん登っているが、驚くほどしっかりした足どりである。登りなれているんだろうけど、このへんのひとは元気だなあと感嘆した。
20150328a参道らしく感じるのはあちこちに坂の名前や、岩の名前がついていることと、何町目と書いてある道標が整備されていること。町と丁が混在しているのが謎である。字が掠れていて判別しづらいが明治より前のものも多そうだ。奥宮直下の道標には五十町目とあるので、あらかじめそれを知っていれば、登る際のいい目印になる。
眺望はあまり効かないが、見晴らしが効くポイントでは三河湾の景色が眺められる。今日はぼんやりとした天気だったのでいまいちだったが、空気が澄んでいればけっこう楽しめるんじゃないかなあ。奥宮には富士山遥拝所というポイントがあって、今日は無理かなあと思っていたら、意外にもうっすらと真っ白な富士山を見ることが出来た。
20150328b奥宮から頂上までは15分程度の距離。電波塔の前に石が積んであって、山頂の標識が立っている。雰囲気がないことおびただしい。山頂のあたりは見晴らしがいいので、陽光が苦でない時季なら、三河湾の眺めを楽しみながら、ランチってのもいいかもしれない。頂上直下まで本宮山スカイラインが通っていることもあって、登らなくてもピクニック気分で来られるし。
参考までにコースタイム。わりとスローペース。休憩時間は含まない。
手取山公園駐車場-(60分)-馬の背岩-(25分)-山姥の足跡-(35分)-砥鹿神社奥宮-(15分)-本宮山山頂-(70分)-馬の背岩-(45分)-手取山公園駐車場

|

« ウイッチクラフトワークス | トップページ | 先週の艦これ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年3月28日 本宮山(789m):

« ウイッチクラフトワークス | トップページ | 先週の艦これ »