« 三上延「ビブリア古書堂の事件手帖 6 栞子さんと巡るさだめ」 | トップページ | 今週の艦これ »

さがら総「変態王子と笑わない猫。 9」

なんかすごくひさしぶりのような気がする。ここまでのストーリも忘れかけていたくらいなので、読んでいて違和感が消えない。この主人公って、こんなにわからんちんだったっけ。読者視点だからそう思うだけで、実際には何周しても初めての体験ということになるんだから無理もないんだが。
今回は月子ちゃんの復活回ってことでいいのかな。主人公と鋼鉄さんを救うために、ひとり奔走している。彼女視点で描かれていないからわかりにくいけれど、これまでの主人公の働きをなぞっているような感もある。一方の小豆梓は動物がらみの台詞ばかり口にしながら、表舞台から去っていく。ってことでいいんだよね。物語の構成上、次の巻でしれっと復活しそうな気もするから油断が出来ない。マイマイは、まあ、いいかな。

|

« 三上延「ビブリア古書堂の事件手帖 6 栞子さんと巡るさだめ」 | トップページ | 今週の艦これ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さがら総「変態王子と笑わない猫。 9」:

« 三上延「ビブリア古書堂の事件手帖 6 栞子さんと巡るさだめ」 | トップページ | 今週の艦これ »