« 志瑞祐「精霊使いの剣舞 12 封剣解放」 | トップページ | 皇帝ダリアが枯れていた »

宮澤伊織「高度に発達したラブコメは魔法と区別がつかない」

タイトルから想像できるとおり、この作者らしい作品だった。愛/非愛の世界の攻防を描くSF風味のラブコメとして楽しめた。非愛ってのは当然「非A」なんだろうけど原典は未読なので、どこまでネタにしているのかはよくわからない。SFとしてどうこういう作品ではなさそうだが、ああいう雰囲気が気にならなければ、普通のラブコメとしても楽しめるんじゃないかと思う。でも、イラストはあまり作品の雰囲気とあっていないんじゃないかなあ。特にヒロインの甘紙は文章の中のイメージとイラストの雰囲気が違いすぎる。このあたり、もう少し何とかならなかったのか。

|

« 志瑞祐「精霊使いの剣舞 12 封剣解放」 | トップページ | 皇帝ダリアが枯れていた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮澤伊織「高度に発達したラブコメは魔法と区別がつかない」:

« 志瑞祐「精霊使いの剣舞 12 封剣解放」 | トップページ | 皇帝ダリアが枯れていた »