« 川口士「魔弾の王と戦姫 10」 | トップページ | 鈴木大輔「文句の付けようがないラブコメ Never Ending Story」 »

むらさきゆきや「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」

VRMMORPGで「魔王」と呼ばれるほど圧倒的に強いプレイヤだった主人公が、ゲーム内の設定のまま異世界に召還されてしまったというお話。なんつーか、ありきたりですな。むらさきゆきやともあろうものが、こんないくらでも転がっていそうな話を書いていていいのかと思うが、読んでみるとやはりおもしろい。主人公の対人スキルが低すぎて、魔王のロールプレイをしないとしゃべれないというのが効いている。中身が小心者のゲーマーでも、姿と態度と能力が魔王ならそれはもう魔王だわなあ。いわゆる「いいひと」が世間のしがらみや自らの能力の低さに囚われて「いいひと」っぷりを発揮できないという一般的な状況が、魔王であることによって覆されているという奇妙な光景を見ることができる。この主人公の行く末を見てみたい。このままシリーズ化してくれるとうれしい。レムの表紙も見てみてたいし。

|

« 川口士「魔弾の王と戦姫 10」 | トップページ | 鈴木大輔「文句の付けようがないラブコメ Never Ending Story」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: むらさきゆきや「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」:

« 川口士「魔弾の王と戦姫 10」 | トップページ | 鈴木大輔「文句の付けようがないラブコメ Never Ending Story」 »