« 大森藤ノ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6」 | トップページ | むらさきゆきや「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」 »

川口士「魔弾の王と戦姫 10」

第二部完ということで話は動くもののあまり盛り上がらなかった。要因はいくつかあるけれど、そのなかでもティグルが記憶を取り戻す過程にあまり説得力がなかったことと、エリザヴェータが抱えている問題がきちんと解決したようには思えなかったことがよくなかったと思う。ティグルが記憶喪失になってからはあまりうまく話が転がらないようになっちゃったなあと思いながら読み続けていたが、最後までそこのところは変わらなかったようだ。こんなふうだと、記憶喪失にしたのは目先を変えてみたかっただけなのかと思えてしまう。
ともあれ、第二部完ということで仕切りなおしも出来る。第三部ではうまく立て直してくれることを期待したい。

|

« 大森藤ノ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6」 | トップページ | むらさきゆきや「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川口士「魔弾の王と戦姫 10」:

« 大森藤ノ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6」 | トップページ | むらさきゆきや「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」 »