« Amazonのおすすめ | トップページ | WHITE ALBUM2 »

京極夏彦「ルー=ガルー 2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔 (上)(下)」

前の巻を読んだときには、あまり印象に残るところがない作品だなあと思っていたけれど、こうして2巻目を読んでいると思いのほか、いろいろ憶えている。解説にあるように、そのように仕組まれていたということなんだろう。まんまとやられたっていう感じなんだけど、ここまで読まないと1巻の奥深さがわからないというのは、浮世離れしているよなあ。この作者につく読者ならちゃんと着いてくるみたいに思われてるんだろうか。
ストーリ上のつながりとはまた別に、キャラクタノベルとしてもよくなってきている。特にこの巻は美緒が生き生きしてる。自らを天才と公言していて破天荒な行動に出るあたりは榎木津礼二郎を思わされるところもあるが、その一方でくせにバカとも自称して複雑なのか破綻しているのかよくわからない性格。彼女が出てくると俄然文面が高揚感に溢れてきて、わくわくしちゃうんだよなあ。これはちょっと信者入ってるかもしれない。くわばらくわばら。

|

« Amazonのおすすめ | トップページ | WHITE ALBUM2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京極夏彦「ルー=ガルー 2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔 (上)(下)」:

« Amazonのおすすめ | トップページ | WHITE ALBUM2 »