« プリンタが壊れた | トップページ | 賀東招二「甘城ブリリアントパーク 5」 »

ぶんが秀徳「しにこん!-死と婚活の巫女は理想の勇者とゴールインしたい-」

Kindle版が安かったので買ってみた。
死を司る女神の巫女マリアベルが、勇者と冒険の旅をする「神話祭」をきっかけに、婚活をがんばっちゃうお話。表面はあくまで聖性をたたえた巫女でありながら、その妄想パートがひどい。「ぺろぺろしたい」とか、胸の大きさのコンプレックスとか、そんなんばっか。「コメディのつもりなんだろうけど、向き不向きがありそうだ。KONKONにはあまり笑えなかった。メメントモリ様の心痛には同情を禁じえないけれど。これが「のうりん」のベッキーだったら笑えるんだけどなあ。
一方で、現実世界では、ちゃんとカルトな狂信者たちとバトルなんかもしていて、意外と読み応えがある。マリアベルもしっかり仕事してるし、そういう場面ではいかにも聖職者然としていて信仰の獲得にも抜かりはないといった具合である。頭の中はほぼ桃色妄想でいっぱいなんだけどね。

|

« プリンタが壊れた | トップページ | 賀東招二「甘城ブリリアントパーク 5」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶんが秀徳「しにこん!-死と婚活の巫女は理想の勇者とゴールインしたい-」:

« プリンタが壊れた | トップページ | 賀東招二「甘城ブリリアントパーク 5」 »