« いつの間にかパンダ4X4が出ていた | トップページ | 竜ノ湖太郎「問題児たちが異世界から来るそうですよ? そして、兎は煉獄へ」 »

のんのんびより

2013年10月期のアニメの感想。四本目は「のんのんびより」。
原作は途中まで読んだんだけど、Kindle化を待っているうちに忘れてしまって、そのままフェイドアウト。気に入ってはいたんだけど、続きが気になる~っていうタイプの作品じゃないからなあ。今回あらためてアニメで見てやっぱ、これ好きだわということに気が付いた。なんでもない田舎の少女たちの暮らしぶりを眺めているっていうだけなんだけど、これがなごむ~。キャラクタの性格付けはわりと定番でまとめたなあって気がするんだけど、ひとつの作品としてみると、あまりありがち~、って感じになってないんだよねえ。田舎ってのもあるだろうし、どういうわけか性格がいい子ばかりだってのもあるだろう。独特の感性を発揮するれんげも不思議ちゃんっぽくなってないし、蛍のこま先輩ラブっぷりもあまり百合って感じがしない。どこがどう気に入ったのか書き表しにくいけど、なんかいい。原作のほうも続きから読み直すとするか。

|

« いつの間にかパンダ4X4が出ていた | トップページ | 竜ノ湖太郎「問題児たちが異世界から来るそうですよ? そして、兎は煉獄へ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のんのんびより:

« いつの間にかパンダ4X4が出ていた | トップページ | 竜ノ湖太郎「問題児たちが異世界から来るそうですよ? そして、兎は煉獄へ」 »