« 黒子のバスケ 第2期 | トップページ | キルラキル »

野村美月「ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 6」

ロマンシアで開催される音楽祭に竜樹、聖羅が出席することになり、シャールも同行することになる。ついでに護衛としてのギルマーも。現地に向かう船上ではわりといつものような感じで騒がしく過ごしていたのだが、全員でマリエンナ教会を訪れたあたりから、急に話が動き始める。シャールの前には「世界を救ってほしい」とささやく赤い髪の美女が現れ、ギルマーには彼を竜を倒す勇者と慕うヨルンがまとわりつき、聖羅はなぜか思いつめたような雰囲気になってしまう。そして世界を終わらせる竜の復活を願う「終末教」の集団も現れる。赤い髪の美女に誘われて「終末教」のアジトに潜入したシャールは、そこでグリンダと出会う。自らの願いを叶えるために、世界を破滅させようとするグリンダを止めようとするシャールだが。といったお話。これまでばら撒かれてきた伏線がいよいよ回収され始めた、って感じでこの先はこれまでのような家庭教師の話ではなくなってしまうのかも。

|

« 黒子のバスケ 第2期 | トップページ | キルラキル »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野村美月「ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 6」:

« 黒子のバスケ 第2期 | トップページ | キルラキル »