« 竹井10日「彼女がフラグをおられたら(4) ここは俺に任せて、お前は夏休みを満喫しろ」 | トップページ | 蘇我捨恥「異世界迷宮でハーレムを 3」 »

幻影ヲ駆ケル太陽

2013年7月期のアニメの感想。十七本目は「幻影ヲ駆ケル太陽」。
ダークな魔法少女モノってことで、どうしても「魔法少女まどか☆マギカ」を思い出さずにはいられない。もっとこの手の話が増えてくれば、そういうジャンルなんだなあって流すことができるようになるんだろうけど、今のところは仕方ないやね。で、比べちゃうとなんだか平凡だなあとなってしまう。前半はまだよかったんだけど、最後のほうは語るべきことも語らずに、なんとなくめでたしめでたしに近い終わり方になっているのが納得いかない。
まあ、それはともかくとして、長崎が舞台のようで、昔訪れたことのある風景がいくつも見られたのはよかった。ひさしぶりにまた行きたくなってしまった。

|

« 竹井10日「彼女がフラグをおられたら(4) ここは俺に任せて、お前は夏休みを満喫しろ」 | トップページ | 蘇我捨恥「異世界迷宮でハーレムを 3」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幻影ヲ駆ケル太陽:

« 竹井10日「彼女がフラグをおられたら(4) ここは俺に任せて、お前は夏休みを満喫しろ」 | トップページ | 蘇我捨恥「異世界迷宮でハーレムを 3」 »