« 五代ゆう「幻國戦記 CROW 2 ―夢幻郷に唄う娘―」 | トップページ | 皆生温泉に来た »

物草純平「ミス・ファーブルの蟲ノ荒園 3」

ああ、これ三巻と四巻で続きだったのか、いっしょに買っておけばよかった。<ブリュム・ド・シャルール>のキャラが大量投入されて、いきなり物語が動き始めた。みんな一癖もふた癖もあるキャラばかりで敵役ではあるものの純粋な悪役には思えなくなってしまうところが困る。人殺し集団ってことは間違いないんだけどね。
一方、主人公側でも大きな動きがある。マルティナがついにその立場を明らかにし、慧太郎にばかりかまけいてたクロエは自らの出自と向き合うことになる。マルティナはもともといかにもなキャラだったので、あまり驚きはないけれど、クロエがここまでストーリの核心に近いところにいるとは思っていなかった。四巻で気になるのはクロエの動向ともうひとりの新キャラ、ダーウィンの動き。今のところただの変態どまりだけど、この先、何をしてくるか。

|

« 五代ゆう「幻國戦記 CROW 2 ―夢幻郷に唄う娘―」 | トップページ | 皆生温泉に来た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物草純平「ミス・ファーブルの蟲ノ荒園 3」:

« 五代ゆう「幻國戦記 CROW 2 ―夢幻郷に唄う娘―」 | トップページ | 皆生温泉に来た »