« 水沢夢「俺、ツインテールになります。 7」 | トップページ | ニンニクを植え付けた »

2014年9月27日 乗鞍岳(3,026m)

乗鞍といえば畳平までバスで上がって、日帰りで3,000m峰というイメージだったのだが、少し調べてみたら信州側の紅葉がきれいらしいので、今年の紅葉見物第一弾にしようという目論んで出掛けることにした。いつものように畳平までバスで上がり、そこから信州側の乗鞍高原行きのバスに乗り換える。位ヶ原山荘前で降りて位ヶ原の紅葉を眺めつつ、山登りをしようというプランだったのだが、いきなり問題発生。なんとカメラをバスの中に置き忘れてしまったのだ。痛恨のミスである。位ヶ原山荘のスタッフにアドバイスをいただき、次のバスを待って、乗務員に事情を話して連絡をお願いすることにした。結果、無事に見つかったらしく畳平の事務所まで持ってきてくれるとのこと。まずはひと安心。ということで、今回は同行した母のCOOLPIX P3を借りて写真を撮った。
20140927a目的としていた紅葉だが、これは掛け値なしにきれい。登っている途中も、ときどき先行するパーティーの歓声が聞こえる。そしてそこまで上がると、思わず声を上げてしまうということが何度かあった。ガスが出ていたのが残念だが、来年以降も行きたくなるのは間違いないので、青空はそのときの楽しみにしておこう。カメラもちゃんとしたの使いたいし。
20140927b宝徳霊神でいったんエコーラインに出てそこからすぐ登山道に戻り肩の小屋口を目指す。いつもは肩の小屋あたりの登山道から横目に眺めている乗鞍大雪渓を下から見上げる形となる。紅葉と雪渓のコントラストもいい感じ。雪渓はかなり小さくなってしまっているが、それでもスキーやスノーボードをしているひとがいて、変に感心してしまう。肩の小屋口から肩の小屋方向に少し登ったあたりで、昼食。
20140927c肩の小屋から先はいつも通る山頂への道である。いかにも火山っぽいザレ。道幅は広いが足を取られにくいところを選んで歩くのでどうしても登りと下りでは道を譲り合うことになる。そんな中で、聞いたのが御嶽が噴火したという話。失礼にも「ホントですか」と聞き返してしまったが、山頂まで行けば見えるという。そのときはすっかりガスの中だったが、たしかに山頂近くになるとガスの上に出て、見通しが効くようになる。ときおり、穂高と槍ヶ岳も雲の上に頭を突き出す。御嶽は山頂側になるので登山道からは見えなかったが、山頂までたどり着くと確かに噴煙を上げているのが確認できた。
乗鞍本宮奥宮にお参りしてから、畳平へと下山。カメラはちゃんと届いていた。アルピコさんに感謝。
参考までにコースタイム。スローペース。休憩時間は含まない。
位ヶ原山荘-(65分)-宝徳霊神-(25分)-肩の小屋口-(25分)-肩の小屋-(55分)-剣ヶ峰山頂-(45分)-肩の小屋-(30分)-畳平

|

« 水沢夢「俺、ツインテールになります。 7」 | トップページ | ニンニクを植え付けた »

旅行・地域」カテゴリの記事

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年9月27日 乗鞍岳(3,026m):

« 水沢夢「俺、ツインテールになります。 7」 | トップページ | ニンニクを植え付けた »