« 賀東招二「甘城ブリリアントパーク 4」 | トップページ | 畠中恵「ころころろ」 »

渡航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 6.5」

いきなり6.5に戻っているのでびっくりした。時系列的に振った巻数なんだそうだけど、そんなとこを律儀にやることないのに。
で、やっていることは文化祭の後の体育祭の話。アニメの最終話の裏話というか、完全版というそんな感じ。体育祭実行委員会に、まさかの相模再登板。奉仕部の活動の一環として、相模にやり直しの機会を作ってやったというところなんだけど、お前ら面倒見よすぎだろう。あんなの放っておけばいいじゃんと思わないでもないのだが、おかんこと三浦が相模をうざがっているのであれば、それもいたしかたなしというところらしい。愛されてるな、三浦。大方の予想どおり、相模はやっぱり相模であいかわらずのダメっぷりを示しつつなんとか体育祭は無事終了。
おまけみたいに付いている短編は、クリスマスのお話。こっちは奉仕部メンバの関係が修復されたあとの話だけあって、ずいぶんとなごんでしまった。戸塚のサンタコスは反則。

|

« 賀東招二「甘城ブリリアントパーク 4」 | トップページ | 畠中恵「ころころろ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡航「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 6.5」:

« 賀東招二「甘城ブリリアントパーク 4」 | トップページ | 畠中恵「ころころろ」 »