« 成田良悟「デュラララ!!外伝!?」 | トップページ | 後藤祐迅「つきツキ! 10」 »

川原礫「ソードアート・オンライン 15 アリシゼーション・インベーディング」

この巻がどうのこうのというわけではないんだけど、前の巻で大きな区切りになってひとまずは大団円になるかと思っていたので、この続き方にはどうしても蛇足っぽい感じ方をしてしまう。人界とダークテリトリの間の問題は解決していないので、アドミニストレータを倒してめでたしめでたしで終わるわけにはいかないのわかるんだけど、もう少し何というか、ひと仕事終えた後の余韻みたいなものが欲しかった。
まあ、続いてしまったものは仕方がないんだけど、この巻はまたフラストレーションが溜まる話だなあ。キリトがあんな様子だし、現実世界でもほとんど防戦一方で、自衛隊突入までの時間をただまっていることしかできない。ダークテリトリ側の和平を望む勢力もあっけなく喪われてしまうし。人界の戦力再編成もまったく間に合わず、来るべきダークテリトリの大攻勢に対して打つ手なし。アスナがアンダーワールドに入ることで希望が見えてくるんだろうか。次の巻に期待しよう。

|

« 成田良悟「デュラララ!!外伝!?」 | トップページ | 後藤祐迅「つきツキ! 10」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川原礫「ソードアート・オンライン 15 アリシゼーション・インベーディング」:

« 成田良悟「デュラララ!!外伝!?」 | トップページ | 後藤祐迅「つきツキ! 10」 »