« 川原礫「ソードアート・オンライン 15 アリシゼーション・インベーディング」 | トップページ | トマトを処分 »

後藤祐迅「つきツキ! 10」

この巻はまるごとマキナ回。マキナが魔界に帰っちゃうかも、っていう話で少し読み進めれば結末は想像が付いてしまうんだけど、まあ、そこは王道ってことで。このシリーズなんだから、あの結末にならなかったら、逆にびっくりするか怒っちゃうかしていたかも。
で、その結末に至るまでのマキナの行動が、読ませどころ。ツンデレキャラってことになっているマキナが迫り来るみんなとの別れに際して、いつもよりも素直な態度をとるようになったり、催眠術にかけられて甘えたがりの本性を全開にしたり。とあらすじだけ書くとわりとまともな話になっていそうなんだけど、そこはそれ、このシリーズで甘えるとなったら必然的に肌色成分が増えるわけで。いつもの巻以上にとんでもないことになっている。

|

« 川原礫「ソードアート・オンライン 15 アリシゼーション・インベーディング」 | トップページ | トマトを処分 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後藤祐迅「つきツキ! 10」:

« 川原礫「ソードアート・オンライン 15 アリシゼーション・インベーディング」 | トップページ | トマトを処分 »